本文へ移動

社内行事

秋の焼肉大会を開催しました♪

平成30年10月26日(金)
 
毎年春に開催している焼肉大会を、今年は秋にも開催しましたイチョウきらきら
 
今回も別府市の大橋ミートさんからたっぷり仕入れた美味しいお肉と
サーバーから注ぐ生ビールが、社員のお腹と心を満たしました色とりどりのきらきら
焼肉と生ビールが会社で楽しめるなんて、最高ですビール2つのハート
 
日ごとに寒さが増していくこれからの季節に備え、美味しいお肉で英気を養うことができました3つの音符 年末に向けて現場も慌ただしくなりますが、安全第一で取り組みましょう3つのびっくりマーク(吹き出し)
 
12月の忘年会も、社員みんなが笑顔で参加できますように四葉のクローバーきらきら

平成30年度 安全大会を開催しました

 講話をしてくださった上田先生(下)
平成30年6月1日(金)
 
本社大会議室にて、平成30年度 安全大会が開催されました
 
初めに、上田労働安全コンサルタント事務所より上田治男様を講師にお招きし、特別安全講話をしていただきました
『安全管理の基本』『その場しのぎ症候群』『熱中症』についてご講話を頂き、特にこれから発生が増加する熱中症については、対策法や応急処置を再確認し、全員が安全作業に対する意識を新たにしました
上田先生、貴重なお時間を頂きましてありがとうございました
 
続いて各種表彰式へと移り、永年勤続者(45・40・35・25・20・10・5年)、優良現場、優良社員、各種資格取得者を表彰しました
挨拶をする都築様(上)と松井社長(下)
また、優良協力会社として
㈲平神工業 代表取締役/神田健次郎様
㈱佐藤工業 代表取締役/佐藤久成様 に感謝状を贈呈しました
工事への協力、本当にありがとうございます
 
その後、まつい会会長の都築員守様より、来賓代表のご挨拶をいただきましたお忙しい中お越しいただき、ありがとうございました
 
次に松井社長の挨拶、安全衛生管理者・安全運転管理者からの状況報告、土木部・建築部の代表者による現場体験報告が行われました
最後に平成30年度の安全唱和を全員で読み上げ、無事故無災害を決意参加された皆さま、大変お疲れさまでした
 
平成30年度 年間標語
  健康な心と体で安全作業 目指すは笑顔の無災害
 永年勤続表彰(45年): 山村勝
 優良協力会社:㈲平神工業 神田様
 優良協力会社:㈱佐藤工業 佐藤様
  現場体験報告:麻生信光(土木部)
  現場体験報告:田村有沙(建築部)
  資格取得者へ合格祝いを贈呈♪

5月25日~26日 社員研修旅行で広島・愛媛へ!

   大鳥居をバックに記念撮影♪
平成30年5月25日(金)~26日(土)
 
今年の研修旅行は、日本三景のひとつ”安芸の宮島”と言われる厳島神社&しまなみ海道を巡る旅へ
 
早朝からバスに揺られることおよそ5時間…
フェリーへと乗り継いでまず向かったのは世界文化遺産にも登録されている国宝・厳島神社です
鮮やかな朱色に彩られた社殿を抜け、神社のシンボルでもある大鳥居のもとへと向かいます私たちが訪れた時間帯は幸いにも干潮だったので、鳥居の下まで歩いていくことができました
スケールの大きさはもちろん、鳥居から見る社殿の美しさにも感動しました
 
 1/10サイズで再現された戦艦大和
続いて向かったのは呉市にある”大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)ここでは戦艦大和や呉市の歴史を学べるとともに、戦争当時の戦闘機の実物を見ることができます
世界最大の戦艦と謳われた『戦艦大和』がたどった数奇な運命と、建造当時から近代~現代へとつながる技術力の様は、我が社のベテラン社員の心に響いたようです
 
このあと宿泊先がある福山市まで移動し、1日目は終了
  耕三寺の”孝養門”と”未来心の丘”
2日目はしまなみ海道巡りまずは向島~因島を経由して生口島へ
 
ここでは二班に分かれ”平山郁夫美術館”と”耕三寺”を見学しました
 
美術館には、平山郁夫が育ったしまなみ海道の風景画が多数あり、絵から人物像をも感じ取れるようでしたシルクロードの大作も見事でしたが、作品のみならず建物や庭も素敵でした
 
耕三寺は「西の日光」と呼ばれる絢爛豪華なお寺で、耕三寺耕三が母の為に建立したことから「母の寺」ともいわれます一番印象に残ったのは総大理石造りの庭園真っ白な大理石は、瀬戸内の風景によく映え、圧巻の風景でした
再びしまなみ海道を走り、大三島にある”伯方の塩”の工場見学へ
塩が作られ、包装されるまでの工程を見学しましたが、山のように積まれている塩には圧倒されました
 
売店には名物の”伯方の塩ソフトクリーム”をはじめ、伯方の塩を使った商品が数多く並び、みんなの財布のひもが緩みます
塩と一口に言っても、その種類や用途の多さは勉強になりました
 
     樹齢2600年の大楠
最後に訪れたのは”大山祗神社(おおやまづみじんじゃ)
ここは全国にある山祗神社・三島神社の総本社で、境内の中央には樹齢約2,600年の大楠が鎮座しています
鳥居を抜け、境内へと一歩足を踏み入れた瞬間に空気が一変
吹き抜ける風も凛としたものに変わり、『四国随一のパワースポット』と言われるのも頷けます国の天然記念物にも指定されている楠群がおりなす陽光と木陰のコントラストや、風が奏でる葉音が心地よい神社でした
 
その後は八幡浜~三崎を経由して国道九四フェリーで佐賀関港へと渡り、竹田まで戻りました昨年につづき、今年も好天に恵まれ、事故もなく、社員の親睦もより一層深まった研修旅行となりました

緊急時にはすぐ対応!避難訓練を実施しました。

  社用車および人員の避難を確認!
平成30年5月1日(火) 緊急時対応訓練を実施しました
 
最近、全国各地で自然災害が頻発しています地震や火山の噴火、中津市耶馬渓町で起きた土砂崩れと、いつ何が起こるかわかりません
 
毎年、梅雨時期を前に行っている避難訓練
今回は”記録的な大雨”を想定した「社内警戒態勢メール」を全社員に一斉送信し、会社に近い現場の従業員は緊急事対応実動訓練を
社内にいた社員は、社用車および人員を高台(総合運動公園)へ避難させるとともに、重要機械を搬出するための車両搭載訓練も行いました
  木材加工機の積込み訓練の様子
弊社では毎月”安全教育”を実施しており、その中で最近扱った題材に『釜石の奇跡』というお話がありますこれは、2011年3月11日に起きた東日本大震災で、岩手県釜石市内の小中学校の全児童・生徒計3000人が即座に避難し、99.8%の生存率だったというものです(残りは当時学校にいなかった子どもたちでした)。
あの大災害から大勢の子ども達が生存できたのは、震災が発生する8年前より、津波からの避難訓練を重ねていたからなのです
常日頃からの訓練が多くの命を救った”釜石の奇跡”を教訓に、全員が高い意識を持てるよう、これからも定期的な訓練を重ねていきます

新入社員歓迎会を兼ねた慰労会を行いました!

平成30年4月13日(金)
 
毎年春の恒例行事・慰労を兼ねた焼肉大会を開催しました
今年は3名の新入社員が入社したので、歓迎会も兼ねて行いました
みんなお腹いっぱい食べて・飲んで大満足のご様子
また社員全員が集まって楽しい会が開けるよう、安全第一で日々の工事を進めていきます

平成29年度の忘年会を行いました!

今年も早いものでもう12月。12月といえば忘年会シーズン
ということで、16日(土)に竹田市の天神丸福にて忘年会を行いましたsmiley
 
丸福名物のからあげをはじめ、チキン南蛮や野菜たっぷりのしゃぶしゃぶにみなさんご満悦の様子でした
恒例のビンゴ大会では、数字が発表されるたびに歓喜と落胆の声で大盛り上がり1位の方にはレイコップの布団掃除機が進呈され、合計20名の方が豪華景品をGETしました
さらに、敗者復活戦としてじゃんけん大会を急遽開催
現金5000円をかけ、熱い戦いが繰り広げられました
 
こうして社員が集まって忘年会を迎えることができたことも、
社員とそのご家族をはじめ、得意先様ならびに関係者の方々のおかげです。この場を借りて感謝申し上げます。
 
今年も残すところあと2週間あまり。事故なく一年を終われるよう、
社員一同、気を引き締めて頑張っていきたいと思います!
   松井一生会長による挨拶
    松井宏一社長より挨拶
かんぱーい!宴会が始まりました♪
   ビンゴ大会の始まりです!
みんな数字とにらめっこ・・・
リーチ!このあと1位になりました♪
景品GET!おめでとうございます♪
大盛況となったじゃんけん大会!
最後は一本締めで締めくくりました。

社用車の一斉点検を実施しました

弊社では、毎月15日に社用車全ての点検を行っています。
 
ブレーキランプ等は切れていないか・オイルは汚れていないか等を
数人で確認しあい、車両事故の発生を未然に防いでいます。
現場が会社から遠い、山の中ということもあるため、
毎月の車両点検は非常に重要です。
車も人間の体と同じく、健康でなければ安心して仕事はできません。
 
今月も点検を行い、全社員で車両の安全を確認しました。

大雨を想定した緊急時対応訓練を行いました

6月3日(土)社内における緊急時対応訓練を実施しました。
 
竹田市は過去35年間の中で、5回もの水害に見舞われています。
弊社においては、平成2年7月2日・平成24年7月12日に発生した
水害により、社屋の1階部分がすべて浸水するという甚大な被害を
受けました。この経験を忘れず、これから起こりうる様々な緊急事態に対応できるようにと、毎年、梅雨時期を前に訓練を行っています。
 
今年の訓練では【これまでに経験したことのない大雨】を想定した
「緊急訓練メール」を全社員へ一斉に送信。高台にある総合運動公園へ車を置いた後、会社に集合するよう指示しました。
社内にいた社員は、会社が所有する全車両(トラックなど)の避難・
木材加工機の車両搭載訓練も実施しました。
 
大分県を含む九州北部は、6月6日に梅雨入りが発表され、
これから雨による土砂災害等に対する警戒がより一層必要となります。
万が一緊急事態が発生した際には、今回の訓練と過去の教訓を活かし、
迅速に対応していきたいと思います。

平成29年度 安全大会が開催されました

6月1日(木)
本社大会議室において、平成29年度 安全大会が開催されました。
 
今年は例年の安全大会に加え、
「接遇・マナー研修」と題した特別講話を設けました。
㈱大銀経済経営研究所より、佐藤悦子様を講師としてお迎えし、
応接室や名刺交換におけるマナー等を参加者全員で受講しました。
応接室のマナーでは、様々な場面での上座・下座をクイズ形式で学び、みんな熱心に聞いていました。
ビジネスマナーは、わかっている・知っているつもりでも、
振り返ってみると意外とできていないものだと実感し、
各々がマナーに対する意識を見直す、大変良い機会となりました。
続いて安全大会へと移り、永年勤続表彰(45年・30年・10年・5年)
の他、優良協力会社(㈱大昌興産様・大分プラント工業㈱様)等、
各種表彰を行いました。
 
会長挨拶・社長挨拶のあと、来賓を代表して、
まつい会会長・都築員守様よりご挨拶をいただきました。
お忙しい中ありがとうございました。
その後、安全衛生管理者・安全運転管理者からの状況報告、
土木部・建築部の代表者による現場体験報告があり、
最後に安全唱和として、平成29年度の年間標語が披露されました。
 
平成29年度 年間標語
 快適な職場に響く合言葉『健康・安全・ゼロ災害』
 
標語を全社員で唱和し、無事故無災害への意識を新たにしたところで
今年度の安全大会は閉会となりました。
参加された皆さま、大変お疲れ様でした!

慰安旅行で長崎に行ってきました!

今年の慰安旅行は、5月19・20日の2日間の日程で
長崎県の軍艦島と稲佐山に行ってきました!
 
朝早くからバスに揺られること約4時間。
最初の目的地は、日本に現存する最古の木造洋風建築で有名な
旧グラバー邸(グラバー園)です。
洋風な見た目ですが、ベランダの屋根には日本瓦が使用されており、
まさに「和洋折衷」といった建物でした。
昼食をとり、いよいよ軍艦島へ!
今回は海上を船でクルーズしながら、島の周りをぐるりと遊覧するコースです。
鉄筋コンクリート造の高層アパートが立ち並ぶ姿からは、
日本の近代化のめざましい発展力のすごさを感じました。
しかし、崩壊したままの建物に目をやると、
急速な時代の流れによって産業が衰退し、
島を去っていった人々の寂しさをも感じ取れました。
長崎港に戻り、次は長崎ロープウェイに乗って標高333mの稲佐山へ。
総ガラス張りのゴンドラに乗り、「坂の町」と言われる長崎市内を
眼下に見ながら、5分間の空中散歩です!
 
山頂にある展望台に上ってから見る長崎市内の風景は絶景でした!
 
全員で登ったのはお昼でしたが、稲佐山は香港・モナコと並んで
「世界新三大夜景」に選ばれるほど、夜景が有名とのこと。
「1000万ドルの夜景」ともいわれるそうです。
女性社員は夜景も見に行き、昼間とは違う景色に感動したそうです。
 
夜はちゃんぽん発祥のお店といわれる「四海楼」にて
中国料理を堪能し、その後はそれぞれ長崎の夜を楽しみました。
翌日は、長崎歴史文化博物館を見学してから平和公園へ。
記念撮影と買い物を済ませ、原爆資料館へと移動しました。
原爆による被害の惨状を目の当たりにし、
戦争の悲惨さ・残酷さを心に刻むとともに、
改めて「平和」について考えされられました。
 
見学を終え、昼食にお腹いっぱいの中華料理を食べ、
竹田まで無事に戻りました。
2日間とも好天に恵まれ、事故もなく、楽しい旅行となりました!

花見をかねた慰労会を行いました

年度末の工事が終わり、毎年恒例の花見をかねた慰労会を行いました。
先日の岡城桜まつりには桜は間に合いませんでしたが、
弊社の花見には満開の桜を迎えることができました!
 
当日は雨の予報でしたが、会場が会社の駐車場なので雨天でも安心!
恒例行事だけあって、設営や火おこしは慣れたものです。
手早く準備を終え、ビール片手にいよいよお花見のスタートです!
 
お肉や野菜が焼ける匂いに、自然とみんなの顔がほころびます。
お腹を満たしたところで他のテーブルをまわってみると、
少しずつ上品に焼くグループや、炎を上げながら豪快に焼くグループ。
テーブルごとに個性があり、それぞれが会話や笑顔に花を咲かせていました。
 
全社員が気持ちを新たに頑張れるよう、新年度の良いスタートとなりました!

2月度安全教育で救急救命・消火訓練を行いました

 2月度安全教育の後半は、竹田消防署にお願いをして
救急救命訓練と消火訓練を行いました。
 
救急車が来るまでに、
『心停止の予防』『心停止の早期認識と通報』
『一次救命処置(心肺蘇生とAED)』が私たちに求められます。
 
マネキンを使っての胸骨圧迫訓練で、圧迫する場所とテンポや強さ、
そしてAEDの使い方などを学びました。
実際にやってみることで、もしもの時には役立つだろうと実感した訓練でした。
 
さて、消火器は常に目にしていますが、実際にはほとんど使った経験がありません。
今回は燃えている炎を消火する体験をしました。

慰安旅行で出雲大社にお参りしてきました

 前回の慰安旅行はお伊勢参りでしたが、
今年は出雲大社にお参りしてきました。
災害や緊急時対応に備えて弊社は2便に分けての慰安旅行です。
 
豊肥線、日豊線ソニックから新幹線へと乗り換えて、
広島県福山駅でバスへと乗換えです。
尾道自動車道で中国山地を横断し、初日は足立美術館を見学。
6つの日本庭園と横山大観の作品は見事でした。
 
翌日は国宝になった松江城から、出雲の古代歴史博物館を見学し、
メインである出雲大社に参拝。
社業繁盛のお礼と、若手技術者と出会いのご縁がありますように
とお願いしてきました。
ワイナリーではワインの試飲を楽しみ、
ベタ踏み坂の江島大橋を経由してホテルへ。
もちろん夜の米子も充分に楽しみました。
 
最終日は米子自動車道で岡山へ。
列車を乗り継ぎ2便とも無事に戻りました。
留守中の災害もなく、楽しい旅行となりました。

まつい会設立50周年記念行事 世界自然遺産の屋久島へ!

 屋久島は鹿児島県の南およそ60kmの海上にあり、亜熱帯の北の端といった気候です。しかし、屋久島には九州一高い1,936mの宮之浦岳があり、山頂の気候は北海道並みです。
 屋久島には南北に長い日本列島の自然が詰め込まれています。 屋久島は花崗岩が隆起して誕生した島で、大きさは淡路島と同じくらいですが、ほとんどが山地で森林に覆われています。

 

  屋久杉は江戸時代に大量に伐採されたのですが、次の世代が育って森林生態が受け継がれていることに屋久島の自然遺産の特徴があるとのことです。

国際自然保護連合の調査による評価は、

・日本固有の樹木であり、日本の自然景観の重要な要素であるスギの優れた生育地である。

・広範囲に失われつつある照葉樹林が原生状態で残されている。

・植物区界を超えて南から北の植物へと移り変わる植生が垂直分布として見られる。

とされています。

 1993年屋久島は白神山地とともに、日本最初の自然遺産として世界遺産条約の遺産リストに登録されました。

 

 メインはヤクスギランドのトレッキングと紀元杉に会うこと。

そして島を一周することでした。

 

慰安旅行(名古屋~伊勢)二泊三日の旅

 慰安旅行に行ってきました。
一班(5/23~5/25)・二班(6/13~6/15)に分かれて名古屋~伊勢、
二泊三日の旅に行ってまいりました。
初日は名古屋城→トヨタ産業技術記念館を見学し、
二日目は伊勢神宮にて参拝してきました。
梅雨なのに天気にも恵まれ、日頃の疲れも十分に癒せ、
充実した二泊三日の旅でした。

平成26年度 安全大会

平成26年度 安全大会が5月1日(木)に本社大会議室に於いて開催されました。
まつい会、施工協力業者の皆さんと社員など約70人が参加致しました。
大会に先立ち、新しく5名の部長と1名の係長の辞令交付を行いました。
引き続き、優良現場等の表彰、会長・社長・来賓の挨拶、現場体験発表がありました。
最後に、参加者全員で指差呼称をして、無事故無災害への安全を誓い今年度の安全大会は閉会となりました。
参加された皆様、大変お疲れ様でした。

2015年 恒例の焼肉大会!

 
 
松井組恒例の焼肉大会を実施しました!

2014年 新年会

 
 
丸福にて、2014年の新年会を行いました!
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日
株式会社松井組
〒878-0025
大分県竹田市大字拝田原188番地
TEL.0974-63-3245
FAX.0974-63-2314

総合建設業
0
3
1
1
6
3
TOPへ戻る